都道府県別交通事故の発生件数

   

20年前は、何かの飲み会の後に

ほろ酔いで車を運転して帰る・・・という事が当たり前に存在しました。

車を使わなくて住むような23区内は例外として、

少し郊外に住んでいる方や地方で草野球をやってるオジ様方はきっと

うんうんと首を縦に振ってくれていると思います。

 

 

時代が代わり、2007年の道路交通法改正により

酒気帯びや飲酒運転をしたドライバー、そして同乗者から厳しく罰金を取るようになりました。

飲酒運転の罰則が、5年以下の懲役、または100万円以下の罰金。

酒気帯び運転の罰則が、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金。

これは本当に素晴らしい規制だと思います。全国の交通事故率、

そして交通事故による死傷者数が大幅に減りましたから・・・。

 

 

それでも一定の交通事故が起きていますが、

2014年のデータによるワースト5は・・・

5位 岡山県 915件

4位 静岡県 973件

3位 群馬県 1009件

2位 佐賀県 1010件

 

そして。最悪の最悪、ワースト1位は・・・

1位 香川県 1157件

だそうです。

 

何と、うどん県ってそんなに事故率高いんですね。。。

東京のように車の数が多い地域ではなく、

いずれも比較的土地が広い地域というのがとっとも意外でしたね。。。

 

やっぱり酒に酔っていたり、スマホで「ながら運転」をして事故をする人も多いそうです。

飲んだら乗るな、そして運転中のスマホ禁止!・・・ですよね^^;

 

 

 - 車の雑学 ,